RSS
Admin
Archives

お店からのお知らせと日々のこと

カフェ ユトリロです

プロフィール

ユトリロ

Author:ユトリロ
cafe UTRILLO

福岡市早良区城西の裏路地にたたずむカフェ
スタッフによって手作りされた
シンプルで落ち着く店内となっております
西新駅から徒歩5分、
お散歩がてらお越しください

shop date

福岡市早良区城西2-11-28
phone (092)407-4454
Email rsg16160@nifty.com
営業時間 11:30~22:00
定休日   日祝日

1F カウンター 4席
2F テーブル、ソファー18席

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08
25
Category : 日々
球磨川 川下り①  球磨川 川下り②

週末、2009夏最後の旅。

主人の両親に誘われて一緒に熊本へ行って参りました。
親孝行と言いたいところですが
お恥ずかしいお話、この年で連れて行って頂く身であります。
すみません。

さてさて
熊本と言えば、一級河川のひとつである球磨川の川下り。
急流コースで大騒ぎしてまいりました。

もちろん、乗るからには一番前へ!!
緩やかな流れに、風をここちよく気持ちいいねなんて言っていましたが
激流ポイント前になると、なんだかあわただしくなり

「しぶきがかかりますから、これでよけて下さい。」とのご説明。
説明を聞いてはいましたが、
波がザブザブとなっている画見たさに
ビビッて早々と、ビニルをかぶっている子供達に
「まだまだ、かぶらんでいいー!!」と
言っている直後に・・・

ザッブーンと、水が入ってきてびしょぬれ。
子供らからのブーイング。

いやいや、これが醍醐味でしょう、濡れるのが。
私も、ちゃんとビショビショになりました。

写真撮影に失敗しましたが
途中モクモクと黒煙をはき、ポーッと汽笛を鳴らして走るSLにも遭遇!!

球磨川 川下り③  球磨川 川下り④

下りの途中途中で、腰までつかり、川釣りしてある方がたくさんいらっしゃいました。
ラフティングや、カヌー、岸からライフジャケットを着て飛び込んでいる方もいました。
とっても、楽しそうです。

その後、下ったところから、リフトに乗り、鍾乳洞へ。
心底冷えるトンネルをくぐると、地下の神秘の世界。
何千万年も昔から一雫一雫、落ちて出来た結晶。
真夏の外からは想像出来ない涼しい世界です。

旅館に入るまでまだ時間があったので
焼酎蔵 『繊月』 さんと
幽霊の掛け軸のあるお寺などを見学しました。

一通り、回ったところで旅館へ着きました。

急遽、前日にとった旅館というには素敵過ぎるお部屋。
人吉温泉発祥の地。
『翠嵐桜(すいらんろう)』

洋室と和室があるバリアフリーの広いお部屋に泊まり
子供たちは、大はしゃぎでした。

人吉旅館①  人吉旅館②

人吉旅館④  人吉旅館③

泉温の異なる三本の泉源があり、全て源泉掛け流し。
加水は行わず、地下水を利用して冷却し
泉温を調節というこだわりの湯を堪能しました。

お楽しみの夕食も部屋食でゆっくり満喫。
お料理に使われている野菜と果物の大半を
旅館の菜園で無農薬で栽培されているそうです。

天然鮎の塩焼きや、鮎のお刺身、もちろん馬刺しにからしレンコン…

小さいナベがSLの柄でさすが、熊本ならでは。

と思っていると、そうなんです。
ナベが沸いてくると、煙突状のところからモクモクと湯気が。

そうです!!
これは、煙に見立てているんですね。
なんて、シャレてる。

お部屋についてくれたお姉さんに花火も頂きましたが
疲れて、花火までは出来ませんでした。

外にカブトムシがいるかもとフロントに聞きに行くと
本物のカブトムシをもらって帰ってきていました。

また、我が家に夏の友達が増えます。

豪華な旅となり、子供達も大満足で宿題の日記の最後に
二年生の長男坊くんは
「とってもいい一日でした。」(文章力がないのが残念ですが)
と書いていました。

ありがとうございました!!









スポンサーサイト
2009.08
19
Category : 日々
東袋

エコバッグに、ちょっとそこまでの手提げに
旅行のサブバッグに…

シンプルなつくりなのに、なかなかデキル奴です。

日暮里で見つけた布。

きっと、このあずま袋、9月にお店に並べることになると思います。

最近のリビングさんでmittuのお菓子の基本にさせていただいている
『旅をする木』の小野寺さんご夫婦の記事が掲載されていましたね。

そろそろ、卵の発注を入れなければ…

9月は護国神社蚤の市出店。
27日の日曜日!!

2009.08
16
Category : 日々
お店に関係の無い内容の日記が続きますが…

糸島の先、大入の浜に海水浴に行ってきました。

dainyu.jpg

小さい頃に何度か海水浴に来たことのある浜で、20数年ぶり。

気持ちよく浅瀬で遊んでいると、「アイター!」と叫ぶチビ達。
クラゲに刺され、海から大急ぎで逃げ出してきました。

おにぎりを食べて今度は磯遊び。
海岸には岩場があり、潮溜まりがあちこちにできています。

良く目をこらして見て見ると色んな生き物がいました。

家族全員で小さな潮溜まりを覗き込み、
「おった!」「どこに!?」「逃げた!」「網貸して!」と大騒ぎ。燃えます。

本日の収穫はアゴハゼ、ヤドカリ、びな、スジエビ、イソガニ、カサガイ等など。

いつもならその場で逃がしてくるのですが、お姉ちゃんの自由研究の材料にと
持ち帰りました。
しばらくは我が家を楽しませてくれそうです。

iso.jpg
海草を食べるスジエビを見つめるアゴハゼ


2009.08
12
Category : 日々
五月の小旅行③

2日目、GW最終日。
コカコーラえびの工場に向かいました。

coca1.jpg coca2.jpg
大っきなコカコーラ缶前    青空フリーマーケット

当日は「さわやかフェスタ」が開催中でした。
工場見学イベントやフリーマーケットが開催されていて
多くの人で賑わっていました。

さて、次は鉄子の旅。
鹿児島県霧島市の隼人駅から、熊本県八代市の八代駅に至る鉄道、
肥薩線に乗り込みます。
09tr16.jpg
緑の山々に映える真っ赤な車体でGO!

ここはスイッチバックとループ線を併せ持った、
日本でもここにしかない構造を持つ路線らしいです。
途中の真幸駅(まさきえき)は「真の幸せに入る」に通じると人気があります。
大畑駅(おこばえき)はこの駅に名刺を貼ると出世するとの話があり、
ミッツのショップカードも忘れずに貼ってきました。
09tr17.jpg

たくさん遊んだあと、汗を流しに温泉を目指します。
人吉温泉の華まき温泉の家族湯です。
09tr18.jpg

09tr19.jpg
とろとろのお湯の美人の湯。炭酸泉だから体に気泡がぷつぷつと。

家族湯には畳敷きの個室が併設してあり、ゆっくりできます。
湯船の横には大きく窓が取ってあり、ちょっとした露天風呂の様です。

お湯を浴びたあとでお弁当とアイスクリームを頂きました。
大満足。

ラジオでは高速道路福岡方面への上り線は混雑するとの事。

遊びつかれてうたた寝する子供達を乗せて、帰途に着きました。
おしまい。


2009.08
11
Category : 日々
五月の小旅行 その②

Kitchen Usuda さんを後にして次の目的地へ移動。
と、その道中に素敵な橋を見つけました。
GW旅 橋
苔むした古い石橋です。橋の”ふち”が20センチ程しかないので、
普通に歩いて渡るのもちょっとこわい。ふざけてたら落ちるな~。

さて、目的の「稲積水中鍾乳洞」に到着。日本最大の水中鍾乳洞です。
深い鍾乳洞で、いたるところに緑色に染まった底が見えない淵があります。
09tr11.jpg
神秘的な場所なんですが、周囲に観音像やいかにもな売店等があって“?”と
いう感じでした。

鍾乳洞を出てしばらく車を走らせると、会えました!
09tr12.jpg 09tr13.jpg

猫バス!

あの有名な誰が作ったか不明の猫バス。
周辺の素朴な風景と合ってますね、小さなトトロもいました。



2009.08
10
Category : 日々
少し前の話をちょっと。

五月の連休に小旅行に行ってきました。
熊本~大分経由から、何故か宮崎に向かうルートです。

初日、早起きして先ずは「阿蘇山火口」に向かいました。
火口周辺は早朝にも関わらず観光客で渋滞中。
09tr1.jpg

ふと看板を見ると「ガス発生中のため、火口付近立ち入り禁止」
あちゃー残念です。こればっかりはどうしようもありません。
またの機会にとっておきましょう。
気を取り直して周辺の草千里を散策することに。
kusasenri
馬に乗ってぱかぱかとのんびりコースを一周。

次に向かったのは、大分県豊後大野市の山の中にある
「Kitchen Usuda (キッチンウスダ)」さん。
09tr2.jpg

このお店かなり良いです、お店の作り、オーナー夫婦のライフスタイル共に魅力的です。
パンがメインですが、カフェも併設され、食事もできます。
今回は購入したパンをカフェでいただきました。
usuda.jpg 09tr3.jpg

とにかく見つけにくい場所にあります。
私達は今回幸運にも迷う事無く行けましたが、実際お店のある場所は
人家もまばらな、山奥という表現がぴったりの場所です。
そんな場所にありながら、お客は絶える事無く次々に来店されていました。
丁度気候の良い時期だったので、オープンテラス身を置いて、森を眺めながら
ゆっくりとした時間を過ごされていました。

こんな環境のなかで、自分の好きなパンを焼いてそしてお客様に喜んでいただく。
色んな不便さや、住んでみないとわからないご苦労もあると思いますが、
本当に素晴らしい生き方ですよね。







2009.08
09
Category : 日々
さわがに

さわガニ。

那珂川の中ノ島公園へと出かけ
カニを見つけました。

子供の頃、さわガニ採りをしていた光景を
今でも鮮明に覚えています。

残念ながら、昔連れて行ってもらっていた川に
最近行きましたが、綺麗に整備されてあり
とっても残念でした。

しょうがないですよね。


綺麗な川にしかいないというカニ。

静かな流れの浅めのところで
石をひっくり返すと、出てきます。

このひっくり返して、いるかいないかという行為が
ワクワクとドキドキ感を引き出す。

楽しいですね。

どうしても、持って帰りたいと言うので
さわガニ達には申しわけないけど
3匹連れて帰りました。

そして、同じくこの夏より我が家にやってきた
みどり亀のピースケと同じ水槽に(!)入れられています。

別の方がいいと思うのだけど。
2009.08
03
Category : 日々
花火大会

去る、8月1日。

8月1日と言えば、福岡の夏の風物詩
『大濠花火大会』。

6000発の花火たちが、夜空を飾りました。

小さい頃、家族と観に行った思い出があります。
(そして、帰りのバスに多くて乗れず
ずっと、泣きながら歩いたのも覚えています。)

途中までバスで行き、近くから歩きました。

途中、途中で浴衣の女の子たちが
乗車するのを見ては、彼氏と待ち合わせしているんだろうなぁと
娘に「いつかあんな風に浴衣着てデートにいくんだろうね。」と話していました。

さて、しんみりするのは、このへんで…

町内の花火大会とは、やはり違います!!
子供達も、公園に向かうにつれ、人が増え
出店も増え、ちょっとテンションアップです。

ニコちゃんの形の花火や、リボンの形
大きな花火の連発物。

しかし、一通り花火を観たら
「飽きた」。

途中にも関わらず、公園を後にしました。
帰り道に、六本松の『デザート・ダイナー』の前を通ると
Aちゃんが路面でお菓子を販売していたので
ちょっとお菓子を買い、バスへと乗り込みました。

写真を何枚か撮りましたが
上手く撮れませんでした。



2009.08
03
Category : 日々
東京3日目。

無添加焼き菓子のお店 『le risa』さんへ。
材料にこだわり、ひとつひとつのお菓子を大事に作られているのが
お菓子をいただいてみて、よくわかります。

こちらのお店でも、ほとんどミーハーな状態になり
今思い出すと、かなりお恥ずかしい…。

お仕事中にも関わらず
いろんな焼き菓子のお店を丁寧に教えていただき
とっても嬉しかったです!
ありがとうございました。

東京 6

東京二泊三日の旅。

歩く、そして電車、歩く、そして電車。

こんな旅に付き合ってくれてkone-koneさんありがとう(涙)
(彼女の旦那さまも、ありがとうございます。)
最終日に、共通の東京在住の友達にも会え
大満足の旅でした。

帰ったら、子供達は夜遅かったのでもう寝ていました。
たった二泊しか離れていなかったわが子の姿は
なんだか大きくなっているように感じました。

快く旅に出してくれた家族にも感謝です。

あっ、東京では、ミンミン蝉がいっぱい鳴いていました。
福岡では、わりとアブラ蝉やクマ蝉の鳴き声が多いです。
後で、調べてみると、ミンミン蝉は弱耐熱性とのことでした。




2009.08
02
Category : 日々
東京2日目。

楽しみだった、かっぱ橋&日暮里。

東京 8

この問屋街も、かなりのテンションで
「これいいねー。」
「これ使えるねー。」
「これはこうして使えば…」
などと、おしゃべりしながら歩く歩く、買う買う。

9時前からうろついて、この街を出たのは15時過ぎていました。

MOKUBAのショールームにも立ち寄りました。
パリをはじめ世界中のオートクチュール、
プレタポルテの デザイナー達も扱うリボンたち。

MOKUBAのリボンは、わりとどこの布やさんでも
少しなら扱ってありますが
さすが、直営店です。
購入する際のカウンターも高級感があり
とても素敵でした。

サテンのリボンはもちろん、ストレッチの利いたもの
フリルの様にギャザーがたっぷり入ったもの
色使いも、いろんなパターンがありました。

店員さんも、きちんとスーツを着てたかな?
そんな雰囲気でした。

さて、大量にかっぱ橋で商品を購入後、
次は、布の問屋街、日暮里へ。

ここも安い。

お店も、ずらっと並んでいて、どこに入っていいかわからないくらい。

いくつか、布を購入した後、くたびれてホテルへと帰りました。

写真は、お馴染みの食品サンプルです。
おいしそう!





2009.08
01
Category : 日々
東京。

お店の勉強を兼ねて行ってまいりました。
kone-koneさんと。

初日。
菓子屋巡りをしました。


まずは 『Maison romi-unie』さん。
コンフィチュールでも有名な いがらしろみさんの焼き菓子のお店。

白を基調に、シンプルかつかわいい雰囲気。
お菓子の量り売りのスタイルもありました。

しょっぱなから大興奮でした。
東京 1




次に向かったのは、『歩粉』さん。

素材の味がシンプルかつ力強く出ているお菓子達でした。
オーナーの方とも少しお話をさせていただき
ミーハーな状態となってしまいました。
東京  東京 3 東京 4




3軒目は、『CICOUTE CAFE』さん。

ベーカリーの方へも行きたかったのですが
時間なんかの関係で断念。

しかし、カフェだけでも…とちょっと寄らせてもらいました。
焼き菓子、ショップのオリジナル雑貨なんかもありました。
東京 11 東京 5 東京 9




『le risa』さん。

駅からずっと坂を下って歩きました。
ようやくたどり着いたと思ったら…

そうです、私、すっかり忘れていました。
お休みということを…(涙)。
kone-koneさん、ごめんなさい。

レリーサさんは、また2日後にリベンジです。

東京初日。

とにかく、電車を乗り換えのりかえノリカエ。。
歩きあるきアルキ。。。。。。。。。。。。。。。。

こんなに歩いて、絶対帰ったら痩せてると思っていましたが
さっぱり変わりはなかったです。

東京旅 ②へつづく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。